接続の設定

概要

ここでは Sora Unity SDK のサンプル集を使って接続設定について説明します。

Sora Unity SDK サンプル集

Signaling URL と Signaling URL Candidate

接続する Sora の URL を設定します。 Signaling URL と Signaling URL Candidate は必須項目です。どちらか一方は必ず設定してください。

Sora Unity SDK Sample はクラスター環境でも利用できるよう Signaling URL を複数設定できるようになっています。

Signaling URL と Signaling URL Candidate で別の項目ですが、同じように機能します。複数指定したい場合は Signaling URL Candidate で接続先を追加してください。

https://i.gyazo.com/d14f7e516b7780e235ff5b5c70c23858.png

Insecure

Insecure を有効にすると SSL/TLS の証明書の検証を行わなくなります。

Channel ID

Sora に接続する Channel ID を設定します。必須項目になりますので必ず設定してください。

Client ID

クライアント ID を設定します。

Bundle ID

バンドル ID を設定します。

DataChannel シグナリングの設定

DataChannel シグナリングを有効にするかどうかを設定します。

DataChannel シグナリングを有効にすると、 DataChannel を利用したシグナリングを行うことができます。

Data Channel Signaling:

DataChannel シグナリングを有効にするかどうかを設定します

Data Channel Signaling Timeout:

DataChannel シグナリングのタイムアウトを設定します

Ignore Disconnect Websocket:

WebSocket の切断を無視するかどうかを設定します

Disconnect Wait Timeout:

切断時のタイムアウトを設定します

https://i.gyazo.com/0c36e5597a90ad5e8a870bb15ce74707.png

DataChannel シグナリングを無効にしたい場合

現在の Inspector の設定では DataChannel シグナリングを無効にすることができません。 DataChannel シグナリングを無効にしたい場合は、以下のように設定してください。

SoraSample.cs の config に以下のように設定します。

// EnableDataChannelSignaling = dataChannelSignaling,
EnableDataChannelSignaling = true,
DataChannelSignaling = dataChannelSignaling,

HTTP Proxy の設定

Proxy を設定します。

Proxy を設定することで、 Sora への接続時に Proxy を経由して接続することができます。

ProxyUrl:

Proxy の URL とポート番号を指定します (例 : http://proxy.example.com:8080)

ProxyUsername:

Proxy の認証に利用するユーザーを指定します

ProxyPassword:

Proxy の認証に利用するパスワードを指定します

https://i.gyazo.com/32061109684d207ea5220f1e8c8772cf.png
© Copyright 2023, Shiguredo Inc. Created using Sphinx 7.2.6